« 政治 | トップページ | グルメの祭典 »

日本政府・日銀による為替介入に対する反応

米ビッグスリー(自動車大手3社)で構成する自動車政策会議(AAPC)のコリンズ理事長は15日、時事通信のインタビューに応じ、日本政府・日銀による為替介入をめぐり米財務省高官にオバマ政権の姿勢を確認したと明らかにした上で、「『ノーコメント』を『介入黙認』と見誤るべきではない」と強調した。米ホワイトハウス、財務省は現時点で日本の為替介入への正式なコメントを控えている。
 同理事長はまた、今回の為替介入を「典型的な為替操作だ」と批判。今後、AAPCのメンバーであるゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーター、クライスラー幹部と協議し、米財務省に対して日本を「為替操作国」と認定するよう求める可能性があるとの考えを示した。 

(Yahoo!ニュースより)

やること成す事全てが裏目に出ている日本政府。
政府の実力のなさもさることながら、一番の問題は叩かれても弁護してくれる国がいない、協力してくれる国がないということ。。。
というコメントを某ブログで見ました。

米財務省に対して日本を「為替操作国」と認定するよう~
うーん・・・日本政府としては自国を守る義務がありますから間違ってはいないと思いますが。。。

出会いダイエット出会い系

|

« 政治 | トップページ | グルメの祭典 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449284/36776601

この記事へのトラックバック一覧です: 日本政府・日銀による為替介入に対する反応:

« 政治 | トップページ | グルメの祭典 »