« 携帯で賭博 | トップページ | 夏休みの映画 »

プールの事故

21日午後2時20分ごろ、愛媛県今治市湯ノ浦の市営温浴施設「クアハウス今治」のプールで、同市内の小学5年の男児(10)の背中が排水口に吸われて張り付き、浮き上がれなくなった。男児は一時、意識不明の重体となったが、その場に居合わせた医師と救急救命士が蘇生(そせい)活動を実施。男児は意識を回復し、一命をとりとめた。

 今治市によると、事故があったのはウオータースライダー(長さ47メートル)の着水プールで、水深は約75センチ。男児は友人ら数人とプールで遊んでいたが、プールの壁面の排水口(30センチ四方)に背中が張り付いて動けなくなり、他の来場者に引き上げられた。排水口には国の安全標準基準に基づき、格子状の網が張られていた。

 同市は「背中が張り付くのは想定外。今後は再発防止に努めたい」としており、網の上にプラスチックのカバーを取り付けた。

プールの事故は毎年ありますね。
今回は一命を取りとめたとのことで大事にはなりませんでしたが、皆さんもこれからのプールにはお気をつけくださいdown

きせかえ出会い

|

« 携帯で賭博 | トップページ | 夏休みの映画 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449284/35849431

この記事へのトラックバック一覧です: プールの事故:

« 携帯で賭博 | トップページ | 夏休みの映画 »